This article needs additional citations for verification. Please help improve this article by adding citations to reliable sources. Unsourced material may be challenged and removed.Find sources: "Taiwanese kana" – news · newspapers · books · scholar · JSTOR (April 2016) (Learn how and when to remove this template message)
Taiwanese kana
Script type
Syllabary
with some features of an alphabet
Time period
1896–1945
LanguagesTaiwanese Hokkien
Related scripts
Parent systems
Sister systems
Hakka kana
 This article contains phonetic transcriptions in the International Phonetic Alphabet (IPA). For an introductory guide on IPA symbols, see Help:IPA. For the distinction between [ ], / / and ⟨ ⟩, see IPA § Brackets and transcription delimiters.
Taiwanese kana
Chinese name
Traditional Chinese臺灣語假名
Simplified Chinese台湾语假名
Japanese name
Kyūjitai臺灣語假名
Shinjitai台湾語仮名
A page from the Japanese-Taiwanese Dictionary (日臺大辭典, Nittai daijiten) of 1907, by Ogawa Naoyoshi
A page from the Japanese-Taiwanese Dictionary (日臺大辭典, Nittai daijiten) of 1907, by Ogawa Naoyoshi

Taiwanese kana (タイ

Taiwanese kana normal tone 5.png
ヲァヌ
Taiwanese kana normal tone 5.png
ギイ
Taiwanese kana normal tone 2.png
カア
Taiwanese kana normal tone 2.png
ビェン
Taiwanese kana normal tone 5.png
, Pe̍h-ōe-jī : "tâi oân gí ká biêng", IPA : [tai˨˦uan˨˦gi˥˩ka˥˩bieŋ˨˦]) is a katakana-based writing system that was used to write Taiwanese Hokkien (commonly called "Taiwanese") when the island of Taiwan was under Japanese rule. It functioned as a phonetic guide to hanzi, much like furigana in Japanese or Zhuyin fuhao in Chinese. There were similar systems for other languages in Taiwan as well, including Hakka and Formosan languages.

The system was imposed by Japan at the time and used in a few dictionaries, as well as textbooks. The Taiwanese-Japanese Dictionary, published in 1931–32, is an example.[1] It uses various signs and diacritics to identify sounds that do not exist in Japanese. The system is chiefly based on the Amoy dialect of Hokkien.

Through the system, the Office of the Governor-General of Taiwan aimed to help Taiwanese people learn the Japanese language, as well as help Japanese people learn the Taiwanese language. Linguistically speaking, however, the syllabary system was cumbersome for a language that has phonology far more complicated than Japanese. After Japanese administration ended, the system soon became obsolete. Now, only a few scholars, such as those who study the aforementioned dictionary, learn Taiwanese kana.

The system has undergone some modification over time. This article is mainly about the last edition, used from roughly 1931.

Basic rules

Mapped sounds are mostly similar to katakana in Japanese, with the kana , , , , , and not used. Each syllable is written with two or three kana (with a few exceptions). Notable differences include:

Vowels

Consonants

Taiwanese kana Modern Japanese kana
a i u e ɔ/ə a i ɯ e o
t ティ トゥ
ts/ ツァ ツェ ツォ

Tone signs

There are different tone signs for normal vowels and nasal vowels.

Tone number 1 2(6) 3 4 5 7 8
Pitch ˦ ˥˩ ˧˩ ˧ ˨˦ ˧ ˥
Normal vowels None
Taiwanese kana normal tone 2.png
Taiwanese kana normal tone 3.png
Taiwanese kana normal tone 4.png
Taiwanese kana normal tone 5.png
Taiwanese kana normal tone 7.png
Taiwanese kana normal tone 8.png
Nasal vowels
Taiwanese kana nasal tone 1.png
Taiwanese kana nasal tone 2.png
Taiwanese kana nasal tone 3.png
Taiwanese kana nasal tone 4.png
Taiwanese kana nasal tone 5.png
Taiwanese kana nasal tone 7.png
Taiwanese kana nasal tone 8.png
Pe̍h-ōe-jī a á à ah â ā a̍h

Taiwanese kana chart

Rime chart

Vowel Open
syllable
Final nasals Final plosives
[m] [n] [ŋ] [p̚] [t̚] [k̚] [ʔ]
[a] アア アム アヌ アン アッ アァ
[ai] アイ
[au] アウ アゥ
[ia] イア イァム イァン イァ イァ イァ
[iau] イァウ イァゥ
[i] イイ イム イヌ イッ イィ
[iu] イウ イゥ
[ie] イェヌ イェン イェッ イェ
[iɔ] イォン イォ
[iə] イヲ
Vowel Open
syllable
Final nasals Final plosives
[m] [n] [ŋ] [p̚] [t̚] [k̚] [ʔ]
[u] ウウ ウヌ ウッ ウゥ
[ui] ウイ
[e] エエ エェ
[ɔ] オオ オム オン オォ
[ua] ヲア ヲァヌ ヲァン ヲァッ ヲァ
[uai] ヲァイ
[ue] ヲエ ヲェ
[ə] ヲヲ
[m̩]
[ŋ̍]

Syllable chart

None p b m t l n ts/ tsʰ/tɕʰ s/ɕ dz/ k ɡ/ŋ h
a アア パア パ̣ア バア マア タア タ̣ア ラア ナア サ̣ サア カア カ̣ア ガア ハア
アァ パァ パ̣ァ バァ タァ タ̣ァ ラァ ナァ サ̣ サァ カァ カ̣ァ ハァ
ai アイ パイ パ̣イ バイ マイ タイ タ̣イ ライ ナイ サ̣ サイ カイ カ̣イ ガイ ハイ
au アウ パウ パ̣ウ バウ マウ タウ タ̣ウ ラウ ナウ サ̣ サウ カウ カ̣ウ ガウ ハウ
auʔ パ̣ゥ マゥ タゥ ラゥ ナゥ サ̣ カゥ
am アム タム タ̣ム ラム サ̣ サム カム カ̣ム ガム ハム
an アヌ パヌ パ̣ヌ バヌ タヌ タ̣ヌ ラヌ サ̣ サヌ カヌ カ̣ヌ ガヌ ハヌ
アン パン パ̣ン バン タン タ̣ン ラン サ̣ サン カン カ̣ン ガン ハン
ap̚ タ̣ サ̣ カ̣
at̚ アッ パッ バッ タッ タ̣ッ ラッ サ̣ サッ カッ カ̣ッ ハッ
ak̚ パ̣ タ̣ サ̣ カ̣
ia イア ピア ミア チ̣ ニア チア チ̣ア シア ジア キア キ̣ア ガア ヒア
iaʔ イァ ピァ ピ̣ァ チ̣ リァ チァ チ̣ァ シァ キァ キ̣ァ ガァ ヒァ
iau イァウ ピァウ ピ̣ァウ ビァウ ミァウ ァウ チ̣ァウ リァウ ニァウ チァウ チ̣ァウ シァウ ジァウ キァウ キ̣ァウ ギァウ ヒァウ
iauʔ カ̣ァゥ ガァゥ ハァゥ
iam イァム ァム チ̣ァム リァム チァム チ̣ァム シァム ジァム キァム キ̣ァム ギァム ヒァム
iaŋ イァン ピァン ピ̣ァン リァン チァン チ̣ァン シァン ジァン キ̣ァン ギァン ヒァン
iap̚ イァ チ̣ リァ チァ チ̣ァ シァ ジァ キァ キ̣ァ ギァ ヒァ
iak̚ ピァ ピ̣ァ チ̣ァ シァ キ̣ァ
i イイ ピイ ピ̣イ ビイ ミイ チ̣ リイ ニイ チイ チ̣イ シイ ジイ キイ キ̣イ ギイ ヒイ
ピィ ピ̣ィ ビィ ミィ チ̣ ニィ チィ チ̣ィ シィ キィ
im イム チ̣ リム チム チ̣ム シム ジム キム キ̣ム ギム ヒム
in イヌ ピヌ ピ̣ヌ ビヌ チ̣ リヌ チヌ チ̣ヌ シヌ ジヌ キヌ キ̣ヌ ギヌ ヒヌ
ip̚ チ̣ キ̣
it̚ イッ ピッ ピ̣ッ ビッ チッ チ̣ッ シッ ジッ キッ キ̣ッ ヒッ
iu イウ ピウ ビウ チ̣ リウ ニウ チウ チ̣ウ シウ ジウ キウ キ̣ウ ギウ ヒウ
iuʔ イゥ ヒゥ
ien イェヌ ピェヌ ピ̣ェヌ ビェヌ ェヌ チ̣ェヌ リェヌ チェヌ チ̣ェヌ シェヌ ジェヌ キェヌ キ̣ェヌ ギェヌ ヒェヌ
ieŋ イェン ピェン ピ̣ェン ビェン ェン チ̣ェン リェン チェン チ̣ェン シェン キェン キ̣ェン ギェン ヒェン
iet̚ イェッ ピェッ ピ̣ェッ ビェッ ェッ チ̣ェッ リェッ チェッ チ̣ェッ シェッ ジェッ キェッ キ̣ェッ ギェッ ヒェッ
iek̚ イェ ピェ ピ̣ェ ビェ チ̣ リェ チェ チ̣ェ シェ キェ ギェ ヒェ
iɔŋ イォン ォン チ̣ォン リォン チォン チ̣ォン シォン ジォン キォン キ̣ォン ギォン ヒォン
iɔk̚ イォ チ̣ リォ チォ チ̣ォ シォ ジォ キォ キ̣ォ ギォ ヒォ
イヲ ピヲ ピ̣ヲ ビヲ チ̣ リヲ チヲ チ̣ヲ シヲ ジヲ キヲ キ̣ヲ ギヲ ヒヲ
iəʔ チ̣ キ̣
ui ウイ プイ プ̣イ ブイ ムイ ツ̣ ルイ ツイ ツ̣イ スイ クイ ク̣イ グイ フイ
u ウウ プウ プ̣ウ ブウ ツ̣ ルウ ツウ ツ̣ウ スウ ズウ クウ ク̣ウ グウ フウ
ウゥ プゥ プ̣ゥ ツ̣ ツゥ ツ̣ゥ ク̣ゥ
un ウヌ プヌ プ̣ヌ ブヌ ツ̣ ルヌ ツヌ ツ̣ヌ スヌ ズヌ クヌ ク̣ヌ グヌ フヌ
ut̚ ウッ プッ プ̣ッ ブッ ツ̣ ルッ ツッ ツ̣ッ スッ クッ ク̣ッ フッ
フム
m̩ʔ フム
ŋ̍ プン ムン ツ̣ ヌン ツン ツ̣ン スン クン ク̣ン フン
ŋ̍ʔ プ̣ン ツ̣ン スン フン
e エエ ペエ ペ̣エ ベエ メエ テエ テ̣エ レエ ネエ セ̣ セエ ケエ ケ̣エ ゲエ ヘエ
エェ ペェ ベェ メェ テェ テ̣ェ レェ ネェ セ̣ セェ ケェ ケ̣ェ ゲェ ヘェ
ɔ オオ ポオ ポ̣オ ボオ モオ トオ ト̣オ ロオ ノオ ソ̣ ソオ コオ コ̣オ ゴオ ホオ
ɔʔ モォ
ɔm オム トム ソム
ɔŋ オン ポン ポ̣ン ボン トン ト̣ン ロン ソ̣ ソン コン コ̣ン ゴン ホン
ɔk̚ ポ̣ ト̣ ソ̣ コ̣
ua ヲア ポア ポ̣ア ボア モア トア ト̣ア ロア ノア ソ̣ ソア コア コ̣ア ゴア ホア
uaʔ ヲァ ポァ ポ̣ァ ボァ ト̣ァ ロァ ソ̣ ソァ ゾァ コァ コ̣ァ ホァ
uai ヲァイ ァイ ソァイ コァイ コ̣ァイ ホァイ
uan ヲァヌ ポァヌ ポ̣ァヌ ボァヌ トァヌ ト̣ァヌ ロァヌ ァヌ ソ̣ァヌ ソァヌ コァヌ コ̣ァヌ ゴァヌ ホァヌ
uaŋ ヲァン ソ̣ァン
uat̚ ヲァッ ポァッ ポ̣ァッ ボァッ トァッ ト̣ァッ ロァッ ァッ ソァッ コァッ コ̣ァッ ゴァッ ホァッ
ue ヲエ ポエ ポ̣エ ボエ トエ ロエ ソ̣ ソエ ゾエ コエ コ̣エ ゴエ ホエ
ueʔ ヲェ ポェ ポ̣ェ ボェ ソェ コェ コ̣ェ ゴェ ホェ
ə ヲヲ ポヲ ポ̣ヲ ボヲ トヲ ト̣ヲ ロヲ ソ̣ ソヲ コヲ コ̣ヲ ゴヲ ホヲ
əʔ ポ̣ ト̣ ソ̣
  1. Tone signs are always needed for a syllable.
  2. [ɡ] always takes normal vowel tone signs; [m], [n], [ŋ] always take nasal vowel tone signs.
  3. Some spellings are not clear. 仔(á) was sometimes written as rather than アア. 的(ê) was sometimes written as rather than エエ.
  4. [ɔ] is spelt with , such as in オオ, ポオ, イオ, ピオ, and so on.

Example

Audio File:
Taiwanese kana: シェヌ シイ
Taiwanese kana nasal tone 1.png
コン
Taiwanese kana normal tone 2.png
、ハ
Taiwanese kana normal tone 8.png
シェン ァム
Taiwanese kana normal tone 7.png
ァム
Taiwanese kana normal tone 7.png
チ̣
Taiwanese kana nasal tone 1.png
IPA: [ ɕjæn˧ ɕĩ˥ kɔŋ˥˩ hak̚˧ ɕjəŋ˥ tjam˧ tjam˧ tʰjã˥ ]
Pe̍h-ōe-jī: Sian-siⁿ kóng, ha̍k-seng tiām-tiām thiaⁿ.
Tâi-lô: Sian-sinn kóng, ha̍k-sing tiām-tiām thiann.
Traditional Chinese: 先生講、學生恬恬聽。
Translation: A teacher is speaking. Students are quietly listening.

Unicode support

Amongst software/encodings, Mojikyo fully supports the system.

Unicode has been able to represent small ku () and small pu (ㇷ゚) since Unicode 3.2, small katakana wo (𛅦) since Unicode 12.0, and tone signs since Unicode 14.0 (2021).

It also requires the use of the combining overline and combining dot below with kana to represent overlined and underdotted kana (like so: チ̅, ツ̣). Font support for these small kana and for sensible rendering of these uncommon combining sequences is in practice limited; overlines and less well-supported small kana are simulated in the tables below using markup.

Kana Extended-B[1][2]
Official Unicode Consortium code chart (PDF)
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+1AFFx 𚿰 𚿱 𚿲 𚿳 𚿵 𚿶 𚿷 𚿸 𚿹 𚿺 𚿻 𚿽 𚿾
Notes
1.^ As of Unicode version 15.0
2.^ Grey areas indicate non-assigned code points

References

  1. ^ Ogawa Naoyoshi (1931–1932).

Further reading